1991年6月15日 ピナツボ火山の噴火

2020.06.15

 フィリピンのピナツボ火山は1991年6月15日に噴火のクライマックスを迎え,10㎞3ものマグマが一挙に放出されるという,20世紀後半における最大の噴火を発生させた.20世紀最大の噴火はアラスカのKatmai火山の1912年噴火で,そのマグマ噴出量は13㎞3とされるからほぼ匹敵する規模であった.

 

 このような規模の大噴火にも拘らず,クライマックス噴火の3日前には6万人もの人々が避難しており,被害を最小限にとどめた大噴火として取り上げられることが多い.

 

 この噴火によって厚く堆積した火砕流堆積物が長期にわたって高温状態を保ったことで二次的な水蒸気爆発が噴火後数年にわたって繰り返されたことも報告されている.

 

 また,この噴火の噴煙柱は成層圏に注入され,火山灰・エアロゾルは地球を何度も周回しながら南北の高緯度地域へと拡散した.その結果生じた地球の気候変動に対する影響という側面でも注目される噴火である.

 

図1 ひまわりの衛星画像に基づくピナツボ火山1991年噴火時の噴煙拡大の推移

Newhall & Punongbayan(1996)を参考に簡略化

 このピナツボ火山の位置は,フィリピンの首都,マニラの北95㎞に位置している.東京で言えばおよそ箱根火山や富士火山と同じ距離にある.北に目をやれば浅間火山,榛名火山,赤城火山ほか多くの火山が類似の距離にある.箱根火山等も過去にはピナツボ噴火と同タイプ,同規模の大噴火を起こしており,首都圏に住む我々には是非とも参考にしなければならない事例である.

 

 この噴火ついてはNewhall & Punongbayan(1996)の1126頁にのぼる大著が刊行されたほか,アメリカ地質調査所(USGS)の報告書によってよくまとめられている(下記リンク参照).さらには,H-U シュミンケ著「火山学」にも詳細に紹介されているので,この本の和訳本に基づいて,以下に概要を述べておきたい.

 

 ・Newhall,CH & Punongbayan,RS (1996) Fire and mud:eruptions and lahars of Mount Pinatubo,Philippines.PHILVOCS and Univ Washinton Press, Seattle, 1-1126.

 ・USGSピナツボ火山噴火報告書のリンク先 ⇒ https://pubs.usgs.gov/pinatubo/

 ・H-U シュミンケ (2010) 火山学 (隅田まり・西村裕一訳),354pp, 古今書院 ⇒ http://www.kokon.co.jp/book/b238192.html

噴火の概要,観測と対応の経緯

 

・1990年7月16日 M7.8の地震がピナツボ火山北西100kmの地点で発生.この地震がピナツボ火山のマグマ溜まりに影響を及ぼしたかもしれない。

・1991年3月中旬 地震活動が始まる.

・4月2日 水蒸気噴火が発生.

・4月後半~6月始めにかけて,アメリカ地質調査所から研究者が派遣され,調査・観測にあたる.

・5月28日 SO2の放出量が5000t/日以上に増加.

・6月1日 地震の震源は山頂付近の浅所に集中.

・6月3日 小規模な火山灰噴火が発生.

・6月5日 「火砕流を伴う大規模な噴火が2週間以内に起きる可能性がある(警報レベル3)」と発表.

・6月7日 噴煙(水蒸気雲)が上空8㎞まで上昇,「大噴火が24時間以内に起きる(警報レベル4)」と発表され,多くの住民が避難.

・6月10日 米軍クラーク空軍基地から14500人が避難.

・6月12日 最初の爆発的噴火,避難指示範囲は火口から半径30㎞に拡大され,避難者総数は6万人に達した.

・6月15日 20世紀後半では最大規模となる噴火が発生.

 

 この噴火で生じた噴煙柱は人工衛星の観測データによると,広がった部分の直径は400km,高度は成層圏に達しており,中心部では35km,縁辺部では25kmにまで達して,降下テフラ(軽石・火山灰)の総噴出量は3.4~4.4km3に及んだ.火山灰は偏東風によって西方に運搬された.

 

 火砕流は火口から周囲に広く広がり,放射状の谷を埋め,厚いところでは厚さ200mにも及んだ.火砕流の噴出量は5~6㎞3と見積もられた.

 

 不運にも噴火発生の6月15日,ルソン島には台風が達しており,水分を含んだ火山灰の重みで多くの家屋が崩壊.さらに火砕流堆積物は未固結なため7月から始まったモンスーンの雨によりラハールを発生し,広大な農地が埋め尽くされた.ラハールによる被害は2005年ごろまで続くものと予想され,信じられないほどの経済的・社会的打撃を与えた.

 

 この過程で,アメリカの地質調査所とフィリピン火山観測所の協力により,近代的で詳細な観測がなされ,行政も一体となって,避難の周知にあたった.

 

〔以上はH-U シュミンケ著:火山学(隅田まり・西村裕一訳)を参考に遠藤邦彦・隅田まり・杉中佑輔がまとめた〕

 

1991年ピナツボ火山噴火の2年後に日本列島を襲った大冷害

 

 1991年ピナツボ火山の噴火に由来する火山灰やエアロゾルは,地球の広い範囲を覆うようになり,南極の日本の基地の雪からも火山灰が発見された.当時には既に地球温暖化問題(気候変動問題)は国際的に大きな課題になっており,火山灰やエアロゾルの大気圏への注入の効果がどうなるのか大いに注目された.

 

 以下に山川修治日本大学教授によりまとめられたものを紹介する. 

☆ギャラリーの見方☆

・写真中央の三角をクリック

 →スライドショー(自動再生)開始

・写真中央の縦線2本をクリック

 →スライドショー(自動再生)停止

・写真右の三角をクリック

 →次の写真へ

・写真左の三角をクリック

 →前の写真へ

・写真上の交差した矢印をクリック

 →画面いっぱいに拡大

  戻るときは右上のバツをクリック

・写真下のサムネイル画像をクリック

 →その写真へ