******* 最新情報 *******

本日!

2024.5.29更新 東京地学協会特別講演会2024「隆起痕跡からわかる能登半島地震の履歴」のお知らせ

 

講演:「隆起痕跡からわかる能登半島地震の履歴」

講師:宍倉 正展(産業技術総合研究所地質調査総合センター活断層・火山研究部門)

講演要旨:東京地学協会のウェブサイトをご覧ください。

 http://www.geog.or.jp/lecture/lecturescheduled/514-news240521.html

 

日時:2024(令和6)年6月15日(土)15:00~16:30

場所:東京グリーンパレス(麹町)地階「ふじ」

 〒102-0084 東京都千代田区二番町2番地

交通:麹町駅(有楽町線)5番出口徒歩1分.半蔵門駅(半蔵門線)5番出口徒歩5 四ツ谷駅(JR中央線)徒歩7分,

 市ヶ谷駅(JR中央・総武緩行線)徒歩7分

参加費:無料,事前登録:不要,非会員も歓迎。直接会場にお越し下さい。

 

問い合わせ先:(公社)東京地学協会 事務局 TEL:03-3261-0809 e-mail: chigaku@geog.or.jp

2024.5.25更新 本日、15時から2024年度通常総会が開催されます。

本総会用の特設サイトは、会員の方のみが総会議事終了後に入れます。事前にお知らせしたパスワードが必要です。

 2024年度通常総会特設サイト

2024.3.25更新 武蔵野台地に関する研究成果について

 2019年度から3年間の文部科学省の科学研究費に基づく武蔵野台地の地盤の解明をテーマに取り組みました.2022年度に終了しましたが多くの研究成果が得られました.その成果の一部を日本大学文理学部自然科学研究所「研究紀要」に投稿し,2023年に刊行されました.約30ページにわたるもので,前半に当たります.後半の約30ページも同研究紀要に投稿し.2024年2月末に刊行となりました.前半,後半がそろいましたので,是非とも皆さんにはお目通しをお願いいたします.

 各論文のpdfは下記から閲覧・ダウンロードいただけます.

 

後半

 

遠藤邦彦・須貝俊彦・杉中佑輔・石綿しげ子・隅田まり・野口真利江・関本勝久・鈴木正章 大里重人・近藤玲介・中尾有利子・中山俊雄・是枝若奈・堀 伸三郎・竹村貴人(2024)武蔵野台地における中・後期更新世の地形・地質と古地理変遷 ―主としてボーリングデータに基づく―.日本大学文理学部自然科学研究所「研究紀要」,No.59,p.109-142.

 

 

ダウンロード
遠藤ほか2024武蔵野台地古地理変遷_研究紀要.pdf
PDFファイル 81.6 MB

 

※ダウンロードが重い場合は下の圧縮版をご利用ください.

ダウンロード
圧縮版遠藤他2024武蔵野台地古地理変遷_研究紀要.pdf
PDFファイル 7.7 MB

 

前半

 

遠藤邦彦・須貝俊彦・隅田まり・石綿しげ子・近藤玲介・杉中佑輔・鈴木正章・中尾有利子・野口真利江・関本勝久・中山俊雄・是枝若奈・竹村貴人(2023)武蔵野台地におけるボーリング゙試料に基づく中・後期更新世の地質層序と古環境 ―基準ボーリングコアの設定を中心に―.日本大学文理学部自然科学研究所「研究紀要」,No.58,p.153-183.

 

 

ダウンロード
遠藤ほか2023ボーリング試料地質層序_研究紀要.pdf
PDFファイル 36.5 MB
ダウンロード
遠藤ほか(2023)の圧縮PDFファイル
遠藤ほか2023ボーリング試料地質層序_圧縮.pdf
PDFファイル 2.7 MB


お知らせ

おすすめ

首都圏の地盤について、最新の研究成果を交えて解説します。

台風をはじめとする豪雨災害などについて解説します。

〇〇年前の今日は何があった日なのかを探ります。

自宅や外出先から撮影した日本一高い富士山の写真をみんなで共有しましょう。