追跡!漂流軽石

最終更新2021.12.01

2021.11.27

2021.11.22

2021.11.19

 8月13日に発生した福徳岡ノ場の海底大噴火に由来する軽石等が、今も漂流を続けています。 北大東島や喜界島に漂着して大きな話題となりましたが、その後も沖縄本島の各地に漂着し、漁業や海上交通にも影響を与えています。

 


6.沖縄県浦添・宜野湾の軽石漂着状況(2021.11.23の状況)

更新 2021.12.1

千村次生氏から沖縄県浦添・宜野湾付近の軽石漂着状況の第2報が届きました.

 

第1報 1.沖縄県浦添・宜野湾の軽石漂着状況(2021.11.11の状況)

☆ギャラリーの見方☆

・写真中央の三角をクリック

 →スライドショー(自動再生)開始

・写真中央の縦線2本をクリック

 →スライドショー(自動再生)停止

・写真右の三角をクリック

 →次の写真へ

・写真左の三角をクリック

 →前の写真へ

・写真上の交差した矢印をクリック

 →画面いっぱいに拡大

  戻るときは右上のバツをクリック

・写真下のサムネイル画像をクリック

 →その写真へ


5. 沖縄県本部町の主な港湾・漁港の軽石漂着状況(2021.11.22-23の状況)

更新 2021.12.1

比嘉啓一郎氏から沖縄県本部町の軽石漂着状況の第2報が届きました.

 

第1報 2.沖縄県本部町の主な港湾・漁港の軽石漂着状況(2021.11.11の状況)

☆ギャラリーの見方☆

・写真中央の三角をクリック

 →スライドショー(自動再生)開始

・写真中央の縦線2本をクリック

 →スライドショー(自動再生)停止

・写真右の三角をクリック

 →次の写真へ

・写真左の三角をクリック

 →前の写真へ

・写真上の交差した矢印をクリック

 →画面いっぱいに拡大

  戻るときは右上のバツをクリック

・写真下のサムネイル画像をクリック

 →その写真へ


4.沖縄県水納島の軽石漂着状況(2021.11.21の状況)

更新 2021.12.1

沖縄県出納島の軽石漂着状況が届きました.

3.福徳岡ノ場の8.13海底大噴火に由来する漂流軽石(沖縄) 

撮影:遠藤邦彦

 

屋我地ビーチの位置(国土地理院10mDEM使用)
屋我地ビーチの位置(国土地理院10mDEM使用)

 沖縄本島で採取された漂着軽石を入手しました。場所は名護市の屋我地ビーチで、採取日は10月26日です。

 No.1の軽石のように、その表面は、なめらかで丸みを持っています.屋我地ビーチに流れ着くまでに軽石粒子はぶつかり合ったり擦り合ったりして円磨されてきたものと思われます。

 小さい方の軽石(No.2)の一部は黒くなっています。これは、福徳岡ノ場の大噴火を起こす前のマグマには、白っぽいマグマと黒っぽいマグマがあったことを示しています。おそらく成分が異なるものと思われます。

 異なる成分を持つマグマが混合すること自体はそれほど珍しいことではありません。噴火時には極めて短時間に異なるマグマが出合い、混じり合う暇もないまま勢いよく噴出すると、直ぐに冷えて固まってしまうものと推定されます。

 最も大きい軽石(No.3)は長径11.5㎝ありますが、非常に軽いです。白っぽい軽石部分は非常に小さな穴(空隙)が多く、すこし強く擦ると、ざらざらの細かな粒子がとれるように、比較的軟らかいです。この空隙はマグマに含まれていた揮発成分(主に水)が気体になって膨らんだ気泡です。軽石の内部で閉じているものが多く、海水に浮かぶのはこの気泡が多いためです。

 軽石内部には黒っぽい鉱物が含まれています。いくつかの種類があるのでこれから調べます。

☆ギャラリーの見方☆

・写真中央の三角をクリック

 →スライドショー(自動再生)開始

・写真中央の縦線2本をクリック

 →スライドショー(自動再生)停止

・写真右の三角をクリック

 →次の写真へ

・写真左の三角をクリック

 →前の写真へ

写真上の交差した矢印をクリック

 →画面いっぱいに拡大

  戻るときは右上のバツをクリック

・写真下のサムネイル画像をクリック

 →その写真へ


2.沖縄県本部町の主な港湾・漁港の軽石漂着状況(2021.11.11の状況)

更新 2021.11.22

 

本部町の位置図(国土地理院10mDEM使用)
本部町の位置図(国土地理院10mDEM使用)

 福徳岡ノ場8.13大噴火に由来する軽石の沖縄本島への漂着について、本部町在住の比嘉啓一郎さんの了解が得られましたので、写真を含む情報を掲載します。

☆ギャラリーの見方☆

・写真中央の三角をクリック

 →スライドショー(自動再生)開始

・写真中央の縦線2本をクリック

 →スライドショー(自動再生)停止

・写真右の三角をクリック

 →次の写真へ

・写真左の三角をクリック

 →前の写真へ

・写真上の交差した矢印をクリック

 →画面いっぱいに拡大

  戻るときは右上のバツをクリック

・写真下のサムネイル画像をクリック

 →その写真へ


1.沖縄県浦添・宜野湾の軽石漂着状況(2021.11.11の状況)

更新 2021.11.19

 沖縄の現地では軽石の漂着に関して記録にとどめておこうという機運も生まれています。この軽石の漂流は黒潮に乗って伊豆諸島方面に向かうと見られており、すでに式根島などに漂着したという報道もなされています。

 ここには沖縄在住の千村氏からの報告を掲載します。

☆ギャラリーの見方☆

・写真中央の三角をクリック

 →スライドショー(自動再生)開始

・写真中央の縦線2本をクリック

 →スライドショー(自動再生)停止

・写真右の三角をクリック

 →次の写真へ

・写真左の三角をクリック

 →前の写真へ

写真上の交差した矢印をクリック

 →画面いっぱいに拡大

  戻るときは右上のバツをクリック

・写真下のサムネイル画像をクリック

 →その写真へ