地盤工学会「令和3年7月3日に熱海市で発生した土砂災害に関する被害報告会」

 2021.07.13更新

 「2021年7月東海地方から関東南部を襲った豪雨(地盤なう#気候・気象)」で触れたように,3日11時40分頃,熱海市伊豆山地区逢初川沿いで大規模な土石流が発生し,大きな被害が生じました.その後,傾斜地における盛土の崩壊との関係をめぐって,活発な議論が進んでいます.地盤工学会ではこの土砂災害をめぐって「令和3年7月3日に熱海市で発生した土砂災害に関する被害報告会」を配信します.安田進さんも講演されます.関心のある方は是非ご覧ください.

 地盤工学会会員の方はZoomウェビナーで,非会員の方はYoutubeでご覧いただけます.

地盤工学会「令和3年7月3日に熱海市で発生した土砂災害に関する被害報告会」

  1. 開催日時
    • 2021年7月14日(水)17:00~18:30(予定)
  2. 参加費
    • 無料
  3. 参加・視聴方法
    • 地盤工学会会員:Zoomウェナビー(urlは学会からのメールをご覧ください.)
    • 非会員:Youtube配信(https://youtu.be/0REI5fyN1mk
  4. プログラム
    • 進行:小高 猛司(地盤工学会副会長・災害連絡会議座長、名城大学)   
    • 報告1:規矩 大義(関東学院大学)「土石流発生後の下流域の様子」   
    • 報告2:稲垣 秀輝(株式会社環境地質)「崩壊地・上流部の調査」   
    • 報告3:安田 進(東京電機大学)他「上空からの考察と情報の集約」   
    • 報告4:東畑 郁生(関東学院大学)「捨てる、とは」