1995年1月17日 兵庫県南部地震 阪神淡路大震災

2021.01.17

 この地震は1995年の1月17日早朝に発生しました.兵庫県淡路島の野島断層から、神戸市内の活断層帯に波及する直下型地震で,その被害の大きさは全国に大きな衝撃を与えました.それから26年目ということになります.

 この地震災害は,その後の日本の自然災害に対する対応に大きな影響を与えました.地震の発生メカニズム,活断層をはじめとする基礎的な研究から,災害に対応する社会の在り方に至るまで,そのすそ野は大きく広がりました.6434人という犠牲者の数の大きさには,老朽化した木造家屋の倒壊が大きく影響したとされています.一方では避難や災害ボランティアについてもこの災害が大きな契機になったと思われます.

写真1 「1995年1月17日兵庫県南部地震調査速報会」の調査速報会記録
写真1 「1995年1月17日兵庫県南部地震調査速報会」の調査速報会記録

 個人的に思い出されるのは,地震発生後1ヶ月で開催した,「1995年1月17日兵庫県南部地震調査速報会」のことです.日本第四紀学会が中心になって,日本大学文理学部で開催したものですが,26件の緊急報告と12件のポスター発表があり,熱気あふれる討論が行われました.1000人収容の会場が溢れてしまうなど,裏方としていかに多くの研究者がこの災害に研究者として取り組んだのか,その熱意に圧倒されたのを思い出します.

 

 私は陶野郁雄さんに誘われ,大阪のコンサルタントのお世話で,大阪から神戸に船で渡り,地震発生から3日後に調査に入りました.調査の主眼は地盤の液状化や地盤沈下でしたが,移動中に垣間見る,未だ地震直後の生々しい被害の実態を見て,至る所で衝撃を受けました.写真でその一端を紹介しておきましょう.

遠藤

写真2 4階がペシャンコにつぶされた神戸市役所の建物(撮影:遠藤)
写真2 4階がペシャンコにつぶされた神戸市役所の建物(撮影:遠藤)

4階がペシャンコにつぶされた神戸市役所の建物:最も衝撃を受けた光景.応力集中による(撮影:遠藤).

写真3 地盤沈下により2階が地下室に(撮影:遠藤)
写真3 地盤沈下により2階が地下室に(撮影:遠藤)

地盤沈下により2階が地下室に(撮影:遠藤).

写真4 地下鉄の駅が被害を受けて,地上では道路が陥没(撮影:陶野)
写真4 地下鉄の駅が被害を受けて,地上では道路が陥没(撮影:陶野)

地下鉄の駅が被害を受けて,地上では道路が陥没(撮影:陶野).

写真5 高速道路の倒壊(撮影:遠藤)
写真5 高速道路の倒壊(撮影:遠藤)

高速道路の倒壊(撮影:遠藤).

写真6 倒壊した高速道路の橋脚(撮影:遠藤)
写真6 倒壊した高速道路の橋脚(撮影:遠藤)

倒壊した高速道路の橋脚(撮影:遠藤).

写真7 落下した高速道路(撮影:遠藤)
写真7 落下した高速道路(撮影:遠藤)

落下した高速道路(撮影:遠藤).

写真8 液状化現象,低地や埋立地では至る所で発生(撮影:遠藤)
写真8 液状化現象,低地や埋立地では至る所で発生(撮影:遠藤)

液状化現象,低地や埋立地では至る所で発生(撮影:遠藤).

写真9 護岸のはらみ出しなど,埋立地では多くの護岸が損壊(撮影:遠藤)
写真9 護岸のはらみ出しなど,埋立地では多くの護岸が損壊(撮影:遠藤)

護岸のはらみ出しなど,埋立地では多くの護岸が損壊(撮影:遠藤)

写真は自然災害と環境問題≫地盤災害・斜面災害のページ≫1995阪神淡路大震災被害写真集から転載.

URL:http://www.arukazan.jp/endo/web/foundation-slope/fou-1995HanshinEQ.html